メニュー

ブログblog

2020年5月

春の味覚~竹の子とふき~


桜の季節も終わり、春の味覚の季節となりました。

ケアハウスでは、山菜採り名人の職員により、たくさんの味覚を戴きました。

大きな竹の子です。ひさびさの竹の子の食感と香り!

サクサクと作業がすすみます。

 

 

 

 

竹の子と若布の煮物や、竹の子ご飯で

いただきました。柔らかくて清々しい香りでしたね!

 

 

 

お次は野ふき。

スジむきは結構難しいんですが、先輩の皆様さすがの手さばきです!

 

 

 

 

切り方やむき方人それぞれ。手が食材の処理の方法を覚えていますね~。

たくさんのふきがゆであがり、春香るおいしいふきご飯ができあがりました。

 

 

お手伝いしてくださったみなさんありがとうございました。またお願いします!!

 

 

 

 

春の陽気に誘われて


 新型コロナウイルスの影響を受け、戸室和楽ホームでも面会制限や外出の自粛をしています。それでも、季節は日に日に暖かみを増しています。4月は当施設を囲むように桜が咲き、今年は特に鮮やかに色づいていました。キッチンガーデンへの散歩や思わぬ来訪者?もあり、その様子をお伝えします。

 

 

 

 戸室和楽ホーム開設当初に植えられた桜の木は、見る人を包むほどに枝が伸びていました。好天に恵まれた日、間近で見る桜の花に利用者様は顔をほころばせていました。

 

 

 

       普通食              ソフト食

 戸室和楽ホームの昼食。外食ができない中、少しでも季節感のある食事をみなさんに提供しています。彩りあるお花見弁当は食欲を誘い、おいしく召し上がられていました。

 

 

 

 

 ツバメが舞う季節となりました。ツバメたちも巣作りのためにいろんな物件を探しているようです。換気のため開けていた正面玄関より来訪?したようです。窓の網戸を開けると、颯爽と去っていきました。……ひそかにツバメの恩返しを期待しています( ̄∀ ̄)

 

 

 ドライブや外食といった外へ出掛けることができない利用者様にも、施設内で安心した生活を過ごしていただけるよう努めて参ります。何事も自粛を求められる今だからこそ、なごむ気持ちと心のゆとりが大切だと思っています。毎日の体温だけでなく、心の検温にも気を配っていきます。

 

ページトップ